• 東京 03-6418-1357
  • 大阪 06-6971-3897
  • 福岡 092-432-1248

トレンド情報

2010年08月05日(木)


コンパクト容器トレンド

内容処方の日々の改良研究と、容器の向上によって再度注目されつつある市場です。 コンパクト容器の傾向としては下記2方向があげられます。

  1. 持ち歩くおしゃれなデザイン性
    「デコ電」ではないですが、鏡がついたコンパクトを持ち歩くのは女性ならではの楽しみ。クリスタルのようにキラキラ光ったり、パーリーな表面加工を施したり、各社汎用型を使いつつも、デザインアイデアによって蓋部分で個性を出しています。
  2. レフィール可能な経済性とECO志向以前から詰め替え用はありましたが、近年はレフィール可能な構造が特に多く開発されているようです。

コンパクト容器を使用したパウダリーファンデーション類を開発するにあたって、容器選定の注意点は以下です。

  • スポンジパフの有る・無し。
  • パフ有りの場合、並びが縦位置、横位置、2段位置。
  • 内容処方による密閉性、閉まる音も大切。
  • 女性の手で持ちやすい幅、厚み。
  • .製造OEM工場が持つ中皿サイズと一致すること。

弊社では、コスト的にもリーズナブルにオリジナルのコンパクト容器をご提供できるよう、適正容量の、ナチュラルでシンプルなデザインを取り揃えております。内容量は中皿の高さにより8g?10gです。

No.8パフが上に収まる2段式
No.8 ヨコパフが右横に収まる薄型横開き
Mファンデ-CPT薄型でシンプルな角型横開き
SZ?CPT薄型で縦開き
DJ-CPT薄型で横開き、キラキラ反射が華やかな蓋
conpact_im01.jpg

お問合せはこちらから

化粧品容器について、お困りごと、ご相談ありませんか?
ショールーム見学のご予約も随時承っております。お気軽にご相談ください。

メールでのお問合せは

お問合せフォーム

サンプル・カタログ請求は

サンプル請求フォーム

電話でのお問合せは

  • 大阪 06-6971-3897
  • 東京 03-6418-1357
  • 福岡 092-432-1248

受付時間:月~金 9:00~17:30(祝日を除く)