石堂硝子株式会社

化粧品容器は石堂硝子株式会社

  • 大阪 06-6971-3897
  • 東京 03-6418-1357
  • 福岡 092-432-1248

トレンド情報

2011年01月24日(月)


オリジナル容器トレンド

基礎化粧品を開発する上で、開発コストを抑え、お客様に価値(ヴァリュー)ある商品をお届けするか、商品開発担当の方々が、近年特に苦労をなさっている点だと思います。 

特に、商品ブランドの顔とも言うべきボトルは、ブランド個性を最も表現する要素だけに、デザイナーの皆さんは微細な点までこだわることが多いようです。

ここ数年の傾向として、限られた開発コストの中で、容器メーカーが開発デザインした汎用型を使用し、ポンプ・キャップ等の色・素材・組み合わせのバリエーションによってオリジナル化をはかっていくケースが主流となっております。

それを可能としている要因として、下記の傾向があげられます。

  1. 適合するポンプ・キャップのバリエーションが増えた
  2. 内容物保護力が強い硝子、透明度が良いPCT素材、軽いPET素材等、汎用ボトル素材のバリエーションが増えた
  3. ボトルメーカーが企画・開発・デザインを充実させた
  4. 表面加工(着色、印刷等)のアイデア技術を小ロットでも対応できるようになってきた

このような「汎用性型のボトルをいかにオリジナル化するのか」というお客様のご要望にお応えすべく開発したERシリーズです。

是非ご活用ください。

ertrend_im01.jpg