石堂硝子株式会社

化粧品容器は石堂硝子株式会社

  • 大阪 06-6971-3897
  • 東京 03-6418-1357
  • 福岡 092-432-1248

トレンド情報

2014年10月29日(水)


【調査レポート】部分ケアコスメの容器動向を探る

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. ケアしたいのは目元と唇とまつ毛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

肌全体の透明度を上げ、美白を追求するだけでなく、お肌の気になる箇所も
集中的にケアしたい。
こうした女性のニーズは高まるばかりだ。

では、どのような箇所が女性のケアの対象なのだろうか。

1. 目元

2. 唇

3. まつ毛

こうした箇所別にさまざまなケアコスメが開発されているが、もっとも一般的
なのがアイケアコスメ。目元が衰えると老けた印象を与えてしまうことから、
女性はとくに熱心に目元のケアに励んでいる。コスメ情報サイトの大手
アットコスメに「アイケア」部門がしっかりと設けられているのも、
それだけ利用者が増えているからだ。

唇については、リップクリームを一年中欠かさないという女性が多く、年々、
ふっくらと健康的な唇を志向する女性が増えている。

ただし、リップクリームとは別に、リップケア専門のコスメを使うという
女性はまださほど多くない。
リップケア、イコールリップクリームという女性が大半。

また、最近はリップグロスにリップケア効果を備えたものも多い。
本格的なリップケアコスメの需要が高まるのはこれからだろう。

まつ毛ケアについては、A社の「まつ育」という言葉を訴求したCM効果で
急速に注目度が上がりつつある。
現在の女性のメイクアップにおいて、まつ毛が果たす役割は極めて大きく、
このトレンドは早々に消えそうにない。まつ毛ケアの市場も伸びしろ大、
といえそうだ。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. クリームとセラムの違いは!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

部分ケアコスメの形状は、大きく次の2つに分けられる。

1. クリーム

2. ジェル

3. セラム(美容液)

4. バーム

アイケアについてはクリームとセラム、ジェルの3つが存在している。
このうち、ジェルは少数派だ。

リップケアは、クリームやバームがやや優勢だが、最近はセラムも増えてきた。
注目すべきは、アイケアのクリームやセラムはどちらが高級ということではなく、
それぞれの形状に高額品と庶民的な価格の両方が存在しているのに対して、
リプケアに関しては、セラムの方が明らかに高級路線に属している。

まつ毛ケアについては、まつ毛につけるという性質上、セラムに限定される。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3. チューブタイプとジャータイプ、それぞれの個性

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

部分ケアコスメの容器を分類してみよう。

1. チューブタイプ

2. ジャータイプ

3. ボトルタイプ(スポイト付き)

4. ロールオンタイプ

5. スティックタイプ

6. チップタイプ

アイケアコスメの場合、これらをすべて網羅している。例えば、女性誌の
アイケア特集での常連といえるフランスのブランドLのアイセラムは、
キャップにスポイトが付いたボトルタイプ。
国内のブランドCのアイケアクリームはジャータイプ。米国のブランドCの
アイケアクリームはチューブタイプだ。

また、英国のブランドBのアイケアセラムはロールオンタイプだが、
主にドラッグストアで販売されている国内ブランドHのアイケアクリームは
まるでリップクリームのようなスティックタイプ。このように、アイケア
コスメの容器はバラエティに富んでいるのが特徴だ。

リップケアコスメは、チューブタイプが多いものの、チップでつける
リップグロス状の容器の存在感が増している。まつ毛ケアコスメはほぼチップタイプ。
これはまつ毛に一番つけやすい形だからだ。

ここで、容器デザインについての特徴をまとめてみた。

1. ジャータイプやボトルタイプは、ゴールドやシルバーを用いたものが多い

2. 高級路線のアイケアコスメのジャータイプは、クリスタルカットのキャップ
など、キャップでも高級感を演出

3. 高級路線のチューブタイプはメタリックなカラリングが目立つ

全般的に、部分ケアコスメの容器は価格が上がるにつれて、シャープさを増し、
サイエンス・テクノロジーを感じさせるデザインとなっている。
科学の力による確かな効果を感じさせるデザイン。
それがプレステージクラスの部分ケアコスメの共通点といえるだろう。

弊社では、マーケットの容器動向を踏まえて、二重キャップ、加飾や図柄の表面印刷、
箔押しなどを用いたデコラティブな容器を広く扱っております。カジュアル容器から
高級感あふれる容器まで、またサイズについてもさまざまなサイズの
容器も揃えております。
独自の個性を主張できる弊社の容器にご期待ください。