石堂硝子株式会社

化粧品容器は石堂硝子株式会社

  • 大阪 06-6971-3897
  • 東京 03-6418-1357
  • 福岡 092-432-1248

トレンド情報

2015年03月02日(月)


【調査レポート】2014年下半期から動き出した人気コスメの容器動向

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. ますます人気のオイル美容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
 ここ数年、人気を増しているオイル美容。その勢いはとどまるところを知らない。
保湿に使うだけでなく、爪やヘア、ボディなど多用途に使えるとあって、
まだまだ暖房で空気が乾燥しやすいこの季節、その人気はますます高まりを見せている。

 昨年もさまざまなオイルが市場に投入された。ボリュームゾーンの価格帯のオイルから
プレステージクラスのオイルまで、話題を集めたアイテムはいくつもあるが、
一番の話題アイテムといえば、やはりこれをおいてはないだろう。
フランスの高級ブランドYから発売された、小売価格4万2000円のオイルだ。

 これは、サフランの雌しべを核とする抗炎症老化ラインの商品。
顔を洗って、化粧水や美容液を使用する前のブースターとしても使えるだけでなく、
クリームやファンデーションに一滴加えて使用する方法も効果的だとして、
オイル上級者から高く評価されている。

 いつもキュートなデザインで熱狂的なファンをつかんでいる米国のブランドJから発売された
ボディ用のオイルも話題の一品。すでに人気のボディミルクに続いて2014年秋に
シリーズに加わったこのボディオイルは、オイル美容の人気の高まりをよく示すアイテムといえる。

  これまでのオイルは、昔ながらのブランドやオーガニック系のブランドの人気が先行していたためか、
シンプルな透明のボトルにシンプルなキャップを組み合わせたそっけないデザインが目立ったが、
2014年に入り、やや変化が見られる。 

 下部に行くに連れて細くなるボトルに、重厚感のある黒のキャップを合わせたブランドYの
高級オイルや、白のボトルにピンクを巧みにあしらい、持ち味である可愛い世界観を表現している
ブランドJのオイルのように、ブランドの個性を演出した容器がオイルの世界にも増えてきているのだ。
オイルも個性化の時代に入ってきたことは間違いない。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.  メイクの上からプラスα
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
 朝、しっかりメイクを決めたつもりでも、夕方になるとなんとなく化粧が崩れて、ぱっとしない。
これは多くの女性に共通する悩みだ。
 この悩みを解消する新しい趣向のコスメが2014年下半期に登場し、話題をさらった。
一つが、フランスのブランドLから発売されたお直し専用のファンデーション。
メイクの上に薄く伸ばして使うファンデーションだ。

 もう一つは、国内のブランドAから発売されたミスト。メイクの上からスプレーして使う
保湿のためのアイテムである。
 化粧が崩れたからといって、一からメイクをし直すというのは誰にもできることではない。
いまのメイクをいかに美しく保つかーー。この2つのアイテムはそのために開発された
現実的なコスメなのだ。

 「お助けコスメ」ともいえるこの2つの化粧品の容器の特徴は、どちらも携帯用の
コンパクトなサイズであること。仕事先や外出先での使用が前提の商品だからだ。

 ブランドLのお直し専用ファンデーションは20gのチューブ入り。ブランドAのミストは
60mlのスプレー容器入り。チューブ、ボトル、ジャーなど、バッグに手軽にポンと
入れられる携帯サイズのお直しコスメの需要は今後さらに高まりそうだ。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 20代からエイジングケア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 訪販化粧品のP社が過去に実施した調査によれば、20代以下で「老化を実感している」人の
割合は12%に達していた。このうち、「すでにエイジングケアを行っている」人の割合は
24%、64%が「エイジングケアを行いたい」と意欲を見せていた。
もう、エイジングケアは年齢がいった女性だけのものではないことがよくわかる結果でる。

 20代の女性が感じている「老化現象」とは、1位が「毛穴の開きの目立ち」、
2位が「毛穴の汚れの目立ち」、3位が「シミ・そばかす」、4位が「かさつき・乾燥」、
5位が「目の周りのクマ」となっている。上の世代が感じるしわやたるみといった
悩みではなく、毛穴関連の悩みが多いのが特徴だ。

 こうした20代の悩みに応えようと、2014年の秋、ついに20代向けのエイジングケアを
堂々とうたった美容液が国内のブランドIから発売された。
これは、出るべくして出たコスメ、といえるだろう。 

キャッチコピーは、「肌の不調を感じ始める”0回目のお肌の曲がり角”」。
化粧ノリが悪い、肌のツヤがない、肌のトラブルを繰り返す、肌が疲れた印象を感じたら、
30代になる前に肌が美しくなる要因を蓄えようと提案している。

 容器的な特徴としては、「未来の肌への対策」がコンセプトのためか、やや近未来的な
デザインが採用されていること。
シンプルなボディにメタリックなキャップを合わせた容器デザインは「未来」を感じさせる。

P社の調査以後の経過を見る限り、20代女性のエイジングケア意識が高くなっていることは
あっても、低くなったは考えにくい。これから20代女性のエイジングケア意識に訴えた
コスメは必ず増えていくはずだ。容器についても、近未来的なデザインにとどまらず、
さまざまな志向に応じた多様化の段階がやがて訪れることが予想される。


 弊社では、マーケットの容器動向を踏まえて、シンプルで上質・効果を期待できそうな仕様へ
デザイン加工が可能な容器を広く扱っております。
カジュアル容器から高級感あふれる容器まで、またサイズについてもさまざまな
サイズの容器も揃えております。
独自の個性を主張できる弊社の容器にご期待ください。

★詳細情報は下記メールよりお問い合わせください
E-mail: igweb@ishido-glass.co.jp

また、実物を東京支店にてぜひ手にとってご覧下さい。